腎臓病食の宅配で飽きない食卓づくり|美味しく健康的に食事を摂ろう

介護

手軽に腎臓病用の食事を

笑顔

腎臓病になってしまった場合、食事は非常に重要となってきます。様々な、制限がありますが、治療の一環として真剣に取り組む必要があります。腎臓病食の特徴として、低タンパク質、低塩、十分なエネルギーなどがあります。症状によっては、カリウムや水分の制限も必要となってきます。低塩、減塩などはイメージしやすいかもしれませんが、低タンパク質の食事などはイメージがしにくいという人も多いでしょう。完璧な腎臓病食を作るのは、作り手にかなり負担がかかります。そのため、宅配の腎臓病食が医師から進められることも多いです。宅配のよいところは、手軽に栄養と腎臓病の症状に配慮した食事がとれること、作る手間がないことなどがあります。

腎臓病は、新たな国民病とも言われています。年々患者数は増えており、腎臓病食の必要性は高まってきています。かつては、限られた会社の宅配食しかなく、味やバリエーションも満足のいくものではないけども、選択肢がないのでしょうがなくその宅配食を食べるという人も多かったようです。ですが、近年では多くの会社からバラエティー豊かな宅配食がでています。味や献立のバランス、食事のバリエーションも豊富になり、毎日食べても飽きずにおいしく楽しめるようになってきました。今後も需要は高まっていくことが予想されるので、宅配食のバラエティーも広がっていくことでしょう。価格競争もすすみ、よりリーズナブルな商品も出てくることが予想されます。